「青春18きっぷ」を使って東京から韓国ソウルまで3日間かけて各駅停車⁉、列車で行き、帰りも何か所か廻り帰ってきました。

 

今回は隣の国韓国だったので、下関~釜山往復はフェリーを使いましたが飛行機は一切使わずその他はすべて鉄道で14日間の旅。

 

韓国内の訪問した都市の紹介、情報は後にして一部のブログではリアルタイムでfacebook投稿のコピペにて紹介しましたが、旅の途中では詳しく紹介する時間がなく、且それに時間を費やすのは勿体ないので暫く更新が出来ませんでした。

 

まずは行程からですが、「青春18きっぷ」の利用ですのですべて普通列車の利用が条件。

 

そして「青春18きっぷ」を持っていると「関釜フェリー」の乗船券が半額になるとの情報を聞いて、長年の構想の夢が実現しました。

 

今迄現役の時にも「青春18きっぷ」は地方のマラソン大会に行く時に使っていたが、2週間の休暇が取れたとしても決して実行はしなかった。(フルタイムの仕事をしている時は休みが取れたら、こんな無駄な使い方をする旅はしたくてもしなかったでしょう)

 

ソウルまで3日間かけて行くのですから、いくら「青春18きっぷ」を使っても宿泊代、フェリー代、韓国内の鉄道、食事代を合わせれば、LCC、格安航空券の方がよっぽど安くいけますが。。。

 

 

 

「青春18きっぷ」を使って東京からソウル各駅停車韓国鉄道の旅~東京(大宮)から岡山まで

 

 

 

 

ルートとか乗り継ぎの電車は、一応調べてからスタートをしたが、やはり予定通りには行けませんでした。

 

1日目の目標は岡山まで、東京駅から朝一番6時ちょうどの「のぞみ」に乗れば9時過ぎには岡山に着いてしまいます。

 

自分が住んでいるのは「さいたま市大宮」なので、朝一番4時台の京浜東北線にて東京駅へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

・東京5:46~沼津8:04 

 

 

 

・沼津8:09~静岡9:03

 

 

 

乗り継ぎまで少し時間があったので、静岡駅のホームで立蕎麦。

 

 

 

・静岡9:21~浜松10:32

 

 

 

・浜松10:44~豊橋11:17

 

 

 

JR東海、JR西日本の普通列車は、シートは横の長椅子式ではなく、進行方向に向かっての2人用のシートなのでゆったり出来、そんなに長い時間乗っていても疲れない。

 

・豊橋11:20~大垣12:47 快速

 

 

 

・大垣13:12~米原13:47

 

 

 

・米原13:05~姫路16:17 新快速

 

 

 

 

 

 

ここでこのまま乘っていれば姫路に着くはずだったが、加古川周辺が集中豪雨の為にこの電車は姫路に行けず西明石で停まってしまうとの事。

 

西明石からなら、新幹線もあるが出来ることなら避けたい。

 

そしたら明石駅から山陽電鉄で姫路まで振替輸送(無料)してくれるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

山陽電鉄の存在すら知らなかった、明石駅から姫路駅までの直通特急というタイプだが、ここでは案内通りに乗るしかない。

 

追加料金とか一切取られなく、姫路まで行くことが出来た。

 

ただ山陽電鉄姫路駅とJR姫路駅は少し離れているので、JR駅に歩いて。

 

阪神電鉄と相互乗り入れをしていて、阪神梅田から山陽姫路まで直通。

 

 

 

 

・姫路17:07~相生17:27

 

 

 

・相生17:28~岡山18:39

 

 

 

 

 

 

電車11本を乗り継いで、地元大宮を出てから14時間かかって岡山に着きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡山ではカプセルホテルにて宿泊、食事も近くのラーメン屋。

 

翌朝岡山城、後楽園に、まだ時間が早くて中には入れなかったが、この日に下関まで行かなくてはならないので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きます。。。

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村