「カンチャナブリー駅」から「タムクラセー駅」まで普通列車に乗って下車した後に、一つ手前の「タムクラセーブリッジ駅」まで線路の上を歩いてきました。

 

日本では絶対にやってはいけない行為で、もちろん見つかったら警察につかまるし、「線路内に人が立ち入っています」とその周辺を走っている列車がすべて停まってしまうでしょう。

 

「アルヒル桟橋」(The Death Railway)、「タムクラセー駅」~「タムクラセーブリッジ駅」

 

 

ただここタイでは全く問題なし。

 

列車でもバスでも入口のドアが開いたまま走っているのですから。

 

そして「タムクラセー駅」からの線路を歩いている人の数が半端ない。

 

この時間帯は全く列車の往来はなく、「ナムトク駅」折り返しの列車まで時間もたっぷりあるし、少し待ってから歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「タムクラセーブリッジ駅」の前には、立派なリゾートホテルが、見るからに高そうで広い庭園、色々なアクティビティー、客室はリバービューとボートハウス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは又「タムクラセー駅」に戻りますが、途中まで桟橋の下にも遊歩道があるのを発見。

 

今度は下から木の橋を眺めながら、全部木で作られているが、これであの10両編成の列車の走行に耐えられるの不思議。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅の手前には、洞窟寺院がありそんなに奥深くないが金色の大仏が祀られていました。

 

その後はまだ少し列車の時間もあったので、駅前をうろうろ。

 

帰りのキツプを買おうと思ったら、ここには切符売り場はなく聞いたら、列車に乗ってから車掌から購入するようにとの事。

 

車内でもしっかりと外国人料金、100バーツとられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りも行きほどでないが、車内は結構混んでいた。

 

こんな横シートの車両までありました。

 

自転車も持ち込み出来るようで、タイではこっちの車両の方がめずらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは「クワイリバーブリッジ駅」にて下車。。。。。。

 

 

 

 

 

<旅に便利なカードはこちら>

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 <国内・海外のホテルの数が多く、最安値で空室が確認出来ます。マラソン大会の前、後泊、ビジネスの宿泊にも最適>

↓↓↓

楽天トラベル

 

ネットからのお買い物はここを通して購入すると、ポイントを貯めることが出来現金にも換えられます。

↓↓↓

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス