「カンチャナブリー」には、戦時中の泰緬鉄道建設の全容や、捕虜収容所の記録を残した博物館があります。

 

その中の「JEATH戦争博物館」と「泰緬鉄道博物館」に行って入って見ました。

 

「カンチャナブリ」~「JEATH戦争博物館(JEATH War Museum)」

 

 

「JEATH」とはJapan,England,Australia,Thailand,Hollandの頭文字を取ったもの。

 

クウェー川沿いの先に紹介した「ワット チャイチュンポン」の敷地内にあり、ここの僧により管理されている。

 

捕虜収容所を再現しているようで、建物は竹で造られている。

 

展示物は、当時の写真、スケltヅチ、絵画が中心、中にはショッキングな絵もあり、第二展示室には銃、刀、弾薬その他当時使われていた日用品が展示されています。

 

画像は展示室の中は撮影禁止なので、外の建物のみ。

 

入場料50バーツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カンチャナブリ」~「泰緬鉄道博物館(Death Railway Museum)」

 

 

「泰緬鉄道博物館」は、泰緬鉄道の建設に従事している様子をジオラマ、蝋人形などリアルに再現しているものが展示されています。

 

かなりグロテスクなものもあり、心が打たれるものがある。

 

写真とかよりは確実に訴えるものが感じてくるので、「JEATH戦争博物館」より見る価値はあります。

 

ただし入場料は140バーツ、2Fのコーヒーショップで飲み物が飲める券が付いているので、見た後も暫くゆっくりと出来ます。

 

目の前は「連合国軍共同墓地」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カンチャナブリ」~「連合国軍共同墓地(Kanchanaburi Allied War Cemetery)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<旅に便利なカードはこちら>

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 <国内・海外のホテルの数が多く、最安値で空室が確認出来ます。マラソン大会の前、後泊、ビジネスの宿泊にも最適>

↓↓↓

楽天トラベル

 

ネットからのお買い物はここを通して購入すると、ポイントを貯めることが出来現金にも換えられます。

↓↓↓

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス