「カンチャナブリー」から「サンクスラブリー」に行き、又再び「カンチャナブリー」に戻ってきて3泊したホテルを紹介します。

 

どちらかと言うと、「カンチャナブリー駅」にも近い、街の中心でなく観光客が利用するホテル、レストラン、その他の店が集中しているエリア。

 

メインロードからは少し外れるが、細い道の向こうはクウェー ヤイ川。

 

「カンチャナブリ」~「スカイリゾート カンチャンブリー ホテル(Sky Resort Kanchanaburi Hotel) 」

 

 

 

「サンクスラブリー」からのバスを、「カンチャナブリー駅」の前の通り沿いで降ろしてもらい歩いてホテルに行きました。

 

途中近道をすると、飼い犬か野良犬かわからないが集団でいて、吠えてきますので注意が必要。

 

 

スカイ リゾート カンチャナブリー (Sky Resort Kanchanaburi)

48/8 Soi Rong Heeb Aoi ChaoKhunean Road T.Ban Nuen A. Muang カンチャナブリー タイ 71000

 

 

予約を入れたのはこのサイトから

↓↓↓

アゴダ

 

今回は1泊2,727円税金、サービス料込(朝食なし)

 

*今の時期で料金検索したら同じ部屋で1泊1,679円の料金で出てきましたので、ここもゲストハウスのドミトリー(相部屋)に宿泊するより絶対にいい。

 

部屋の設備

 

2階建ての2Fで部屋は広く、ベットはキングサイズ、エアコン、TV、冷蔵庫はもちろん、プールビューのラナイ付き、テーブル椅子付き。

 

バスルームはシャワーのみで、しきりカーテンもなし、トイレは手動ウォシュレット付。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プール

 

このホテルの一番の特徴はこのプール。

 

レセプションも入口の横にあり、共有スペースとかは特にないが、プール沿いが寛げる場所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストラン、コーヒーショップ

 

道を挟んだ向かいに、ホテルの経営のレストランとコーヒーショップがあります。

 

チェックインの際に少し待たされたので、ここのコーヒーショップのリバーサイドでアイスラテを。

 

朝食付きの料金の場合は、隣のレストラン利用になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食は。。。

 

少し歩いてメインストリート沿いに行けば、色々なレストランがあります。

 

価格は屋台みたいにはいかないが、ちょっと横の路地を入って行ったのが「スマイリー フロッグ」というレストラン。

 

ゲストハウスも兼用している様だが、自分にとっては贅沢な部類。

 

注文したのは、「カオクルックカピ」というフライドライスに豚肉、青パパイヤや紫玉ねぎが添えてあるもの。

 

それに空心菜とウォーターメロンスムージー、全部で150バーツぐらいだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*バンコク以外のローカル都市では、このクラスのホテルでも千円~2千円台で宿泊出来ますので、ドミトリーとかに宿泊する必要は全くありません。

 

 

 

 

<旅に便利なカードはこちら>

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 <国内・海外のホテルの数が多く、最安値で空室が確認出来ます。マラソン大会の前、後泊、ビジネスの宿泊にも最適>

↓↓↓

楽天トラベル

 

ネットからのお買い物はここを通して購入すると、ポイントを貯めることが出来現金にも換えられます。

↓↓↓

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス