「チェンラーイ」で色彩に特徴がある場所として、寺院ではないのですが「バーン ダム ミュージアム」という<ブラック>を基調とした博物館という位置付けの場所にも行ってきました。

 

「バーン ダム」というのは、タイ語で「黒い家」という意味。

 

「チェンラーイ」~「バーン ダム ミュージアム(Baandam Museum)」

 

 

「ワット ロンスアテン」に行ってから、さらに自転車で北上してチェンラーイの街中から13km程の処にあります。

 

途中はこんなサイクリング専用レーンもあり、ほぼ平坦な道。

 

但し、前を走っているのはすべてモーターバイクばかり。

 

 

 

このミュージアムを作ったのは、チェンライ出身の世界的な芸術家であるタワン・タッチャニー氏。

 

敷地内には様々な黒い建造物が40ほどあり、ここは入館料80バーツ。

 

それぞれの建物の中には、色々な展示物があり、オオカミ、ワニのはく製の皮があったりします。

 

全部の建物の中に入って見るとなると、結構時間がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも芸術品の中の展示物、そしてトイレの表示案内が何とも言えない。。。

 

 

 

 

*この記事は2019年6月に訪問したものです。

 

 

<旅に便利なカードはこちら>

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 <国内・海外のホテルの数が多く、最安値で空室が確認出来ます。マラソン大会の前、後泊、ビジネスの宿泊にも最適>

↓↓↓

楽天トラベル

楽天トラベル

楽天トラベル

 

ネットからのお買い物はここを通して購入すると、ポイントを貯めることが出来現金にも換えられます。

↓↓↓

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス