「チェンセーン」は「チェンセーン王国」の都として14世紀に栄えた町で、独特な様式の仏塔、寺院が残っている。

 

19世紀には、「メコン川」を往来して中国との交易の中継点として栄え、今でも「メコン川」を使ってラオス、ミャンマー、中国との繋がりがあります。

 

 

 

「チェンセーン」の街中(城壁内)

 

 

 

 

1、レンタサイクル FOR RENT 

 

「チェンマイ」、「チェンライ」に比べれば街は広くないが、今回2泊宿泊したホテルも「メコン川」沿いに中心から離れていたので(ホテルは又後日紹介)、ここでは2日間レンタサイクルを借りる。

 

街の中心の通り沿いに、この看板を上に掲げた店を発見。

 

モーターバイクがメインのようだが、自転車も何台かあったので迷わず、ただほぼママチャリのみでした。

 

2日間48時間で100バーツ、デポジットなし。(愛想のいいおやじさんが1人できりもみしているよう)

 

 

 

 

 

 

 

2、街を囲んでいる濠、城壁

 

「チェンセーン」の街の中心は、「メコン川」を東に城壁と濠に、「チェンマイ」の四方に囲まれているのでなく、三方に囲まれている中に街の中心があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、「ワット プラチャオ ラントーン(Wat Phrachao Lanthong)」

 

街の中心にある黄金寺院。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、「ワット プラタート チェルディルアン(Wat Phrathat Chediluang) 」

 

チェンセーンでもっとも高いパゴダがそびえる寺院。

 

チェディルアンというのは、「大きなパゴダ」という意味で、高さ88メートル×底の幅24メートルあるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、「チェンセーン国立博物館(Chiang Saen Museum)」

 

様々な仏像と、少数民族の民族衣装の展示などがある。

 

外国人の入場料は100バーツということで、ここは外から眺めただけで中には入りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*「チェンセーン」の街並、寺院巡りは続きます。。。。。。

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

***これをマスク替わりにジョキング、ウォーキングをされる時に着用すると、息苦しくなく、ご自身、他の方へのソーシャルディスタンスエチケットです。。。***

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<旅に便利なカードはこちら>

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 <国内・海外のホテルの数が多く、最安値で空室が確認出来ます。マラソン大会の前、後泊、ビジネスの宿泊にも最適>

↓↓↓

楽天トラベル

 

ネットからのお買い物はここを通して購入すると、ポイントを貯めることが出来現金にも換えられます。

↓↓↓

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス