「メコン川」は、チベット高原に源流を発し、中国の雲南省を通り、ミャンマー・ラオス国境、タイ・ラオス国境、カンボジア・ベトナムをおよそ4200キロにわたって流れ、南シナ海に抜ける大河。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「メコン川」には、過去ベトナムのミトーの河口に、ホーチミンから日帰りで訪れ「メコン川クルーズ」を体験したり、カンボジアのプノンペンに滞在して川沿いを散策したりしました。

 

近いうちに是非ラオスの「メコン川」の色々な、ポイントに行ってみたり、中国 雲南省の源流にも是非行ってみたい。

 

 

ここチェンセーンは、この広さでも上流から中流の位置付。

 

 

滞在中は、雨季が始まったばかりでそんなに天気は良くなかったが、1日でも時間によって「メコン川」の色々な光景に出くわす事が出来た。

 

 

 

1、朝方の「メコン川」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、昼間の「メコン川」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、午後雨上がりの「メコン川」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、夕刻サンセットの「メコン川」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

**この記事は2019年6月に訪問したものです。**

 

 

***これをマスク替わりにジョキング、ウォーキングをされる時に着用すると、息苦しくなく、ご自身、他の方へのソーシャルディスタンスエチケットです。。。***

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<旅に便利なカードはこちら>

↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

「tranninng5」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

 <国内・海外のホテルの数が多く、最安値で空室が確認出来ます。マラソン大会の前、後泊、ビジネスの宿泊にも最適>

↓↓↓

楽天トラベル

 

ネットからのお買い物はここを通して購入すると、ポイントを貯めることが出来現金にも換えられます。

↓↓↓

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス