バンコクの下町と言ってもバンコクのあらゆる場所で見かける事が出来るが、バンコクの中心「サイアム」から直そばに一気にタイムスリップしたような、街並が広がっているBTSの「パヤタイ」から「ラチャテーウィー」駅から少し入ったエリア。

 

東京で言えば荒川区みたいな雰囲気か、近くには「センセーブ運河」が流れていて水上バス西線のピアもあり、交通の便は至極便利。

 

 

バンコク~「ザ ポッシュ パヤタイ (The Posh Phayathai)」

 

 

 

 

「センセーブ運河」は、プラツーナムピアを基点に東線と西線に流れている。

 

直通する水上バスはなく、橋の高さの関係で船の高さもあるので、すべての船がプラツーナムピアで乗り換えなければならない。

 

ここは「フアチャンピア」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインのパヤタイ通りから一歩横の通りに入ると、バンコクの下町感が強く朝早くから屋台が多く出ている。

 

さらにその通りの路地裏にも食料品を中心とした、色々なお店があり、市場の様になっている。

 

その場で食べる事が出来る、食堂、お惣菜屋も数多くありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの辺には、ドミトリー形式のホステル、ゲストハウスもかなりあり、スワンナプーム、ドンムアン空港から真っ直ぐにこれるので、最初に又は他のエリアから夜着いた場合でも安く宿泊するには、このエリアが便利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*2018年の1月に訪れた時のものですが、途中になってしまったままだったのであえて今の時期海外に何処も行けませんが、早く元通りになってどんどん行ける様にと願いを懸けて、これからも暫く過去記事ですが紹介していきます。