タイ国鉄マハーチャイ線はウォンウェンヤイ~マハーチャイ間(4駅14停車場)31.2kmを結ぶ路線。

一日に17往復、ほぼ1時間おきに運行しており、各駅停車しかありませんがこれに乗車してみました。

運賃は10バーツ(34円)、始発から終点まででこの値段。

車両は旧日本製の車両ですが、シートは固いベンチ型のもの。

クーラーはないが、扇風機はあります。

でも少し幅が狭いがボックスシートで、窓ガラスが手で開けられる手動式。

進行方向の窓際に座ると心地よい風が入ってきますので、さほど暑さは感じません。

窓が開けられるというのが何とも旅情が味わえるし、カメラで外の景色を撮る際に窓ガラスの汚れ、くもりが写らないのが一番いい。

これこそが「世界の車窓」を感じる瞬間です。(この路線はTVでも何回も放映されています)










この折り畳み状の座布団、こうゆう時に役に立ちます。

























少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

世界一周をされている方に混じって何と見たらランクが200番前後になっていました。(このジャンルは今2683サイトが登録されていて世界中旅をされている方の憧れです。)

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていなく、年に何回か旅に出た時の報告のみをしていて何か申し訳ない感じですが、後2年ちょっとで旅立つ予定ですので許してください。

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方はお願いします。グッド!

⇓ ⇓ ⇓


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村