アンコールワット遺跡群を見るには、やはり最初に訪れる場所としては「アンコール・ワット」。

 

「アンコール・ワット」は、この周辺にある遺跡の中の1つでしかないのです。

 

 

 

シェムリアップ 「アンコール・ワット」

 

 

 

 

「アンコールワット遺跡」というと必ずここを指し、必ずここの場所はそれこそ1日券だけしか持っていない方もここに来ます。

 

シェムリアップから約7km、でもここが街中からは一番近い場所。

 

ツアーで来ている方はバスで、個人で来ている方はトゥクトゥクでの方がほとんど。

 

でも何人かは自転車で来ている人もいるようで、何台かの自転車は濠の前に停まっていました。

 

シェムリアップからの道が濠に突き当たると、左に曲がり、さらに角を右に行くと入口があり、ここではチケットのチェックをしてから濠を渡ります。

 

 

 

 

 

 

 

橋は工事をしているみたいで、濠に架っている仮の浮き橋を渡って寺院に入ります。

 

色々な国から訪れている人が多く、ここは完全に人種のルツボ状態。

 

ただやはり多いのは中国からのグループ、団体客。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*「アンコールワット」他の遺跡もそうですが、画像を大量に撮りすぎてなかなかアップが出来ません、今回紹介したのは、入口から少し入った「西参道」からの一部のみ。。。