「スポンサーリンク」

 

 

 

「アンコールワット」は、南北約1300m,東西約1500mの広さ、中は第一回廊、第二回廊、第三回廊と囲まれた正確に築かれています。

 

「スポンサーリンク」

 

 

シェムリアップ 「アンコール・ワット」

 

 

 

「スポンサーリンク」

 

 

「アンコールワット」の創建者は「スールヤヴァルマン二世」、王権を神格化する為に独自の宇宙観を表現しています。

 

「アンコールワット」はヒンドゥー教のヴィシュヌ神に捧げられた寺院。

 

そしてその「スールヤヴァルマン二世」を、埋葬した墳墓でもあります。

 

 

 

 

第一回廊」をくぐって中に入ると、そこには水がないが「沐浴の池の跡」がありその先には「十字回廊」が。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンコールの他の遺跡にも沢山見受けられるが、この孔子が特徴的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スポンサーリンク」

 

 


最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずさらにブログを開設しました。

アクセス数をどうしても増やしたいので記事は一緒ですが・・・、こちらも見に来てください!

 

   ↓↓↓

   「tranning's diary」

 

 

こちらも見易いかと思いますので、上記サイト同様是非こちらもご覧ください。

↓↓↓

「tranning3」

 

ここ最近のすべてのブログの集大成がここで見る事が出来きます。

↓↓↓

「tranningcom」

 

「tranning2 旅のフォトコラム」