「スポンサーリンク」

 

 

「バイヨン」を特徴付けているのは、中央祠堂をはじめ、塔の4面に彫られている四面像である。

 

四面像は観世菩薩像を模しているというのが一般的な説と、「ジャヤヴァルマン7世」を神格化して偶像化したものであるとする説、ヒンドゥー郷の神々を表している説もあるそうです。

 

 

シェムリアップ 「アンコール・トム」

 

 

「スポンサーリンク」

 

 

 

 

「スポンサーリンク」

 

 

「バイヨン」の中は、「アンコールワット」同様に第一回廊、第二回廊、と中央祠堂、上部テラスという造りになっていて、規模は「アンコールワット」より小さいが四面像が際立っていてより精彩を誇っている。

 

第一回廊の壁画のレリーフがそれぞれの戦いを描いて、第二回廊のレリーフはその当時の生活の様子を表しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には、この「アンコールトム」の「バイヨン」じっくりと眺める必要があると思います。

 

象に乗ってこの「バイヨン」を一周することも出来るよう。

 

 

 

 

「スポンサーリンク」